ホワイトニングで白い歯へチャレンジ|スマイル100点を目指そう

歯科医

予防は大事

歯型

自由が丘にある歯科の主な目的は、口の中にある問題を一掃することです。虫歯や歯周病は、放置してはいけない病気になるため、正しいブラッシング法を指導する場に歯科医院が選ばれることがあります。これを予防歯科と言いますが、自由が丘の歯科でも徹底しているため、歯の健康を守る上でも非常に重要な部分であると言えます。近年は、虫歯治療も痛くなくなっており、患者の負担を軽減した中で行われるようになっています。そのことでも歯の疾患は放置してもストレスフリーで完治が望めるようになりましたが、病気の影響で歯の寿命が削られたのは確かです。何年先も自分の歯で食事をするのであれば、歯の病気は極力避けたいトラブルになります。ですから、自由が丘の歯科では、歯を失う原因を取り除くための予防歯科を強く勧めているのです。

予防歯科の目的は、悪い菌から歯を守ることです。毎日しているブラッシング法も、一歩間違えれば意味のないものになってしまいます。よく、歯を磨いているのに虫歯や歯周病になったという話がありますが、正しいブラッシング法を身に付けていないからです。自由が丘の歯科では、歯科衛生士が患者と向き合い、歯の正しい磨き方を伝授してくれます。自宅ケアを正しく行えるきっかけになるため、決して無駄な時間にはさせないでしょう。オーラルケアが正しく行われるようになれば、口の中はいつでも清潔で、嫌な口臭を引き寄せません。ネバネバ感もなく、歯への意識が高まりますから、自由が丘の歯科が行なう予防に無意味な部分はないのです。